未分類 Archive

  • 最先端のがん治療方法についてがん専門医やがん研究者が語る市民公開講座「がん治療の今」(日本癌学会主催)が10月6日、横浜市のパシフィコ横浜で開催された。胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、血液がんについての新たな治療方法や、最新の放射線治療についての講演があり、聴衆から寄せられた質問にも専門医が答えるパネルディスカッションが行なわれた。

    市民公開講座「がん治療の今」−日本癌学会が主催

    最先端のがん治療方法についてがん専門医やがん研究者が語る市民公開講座「がん治療の今」(日本癌学会主催)が10月6日、横浜市のパシフィコ横浜で開催された。胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、血液がんについての新たな治療方法や、最新の放射線治療についての講演があり、聴衆から寄せられた質問にも専門医が答えるパネルディスカッションが行なわれた。

    続きを読む...

  •  がんに有効な治療法として有望視されている抗体治療に関する国家プロジェクトの進捗状況などを、東京大学システム生物学センター所長の児玉龍彦教授が、3日に開幕した第66回日本癌学会学術総会で発表した。がん細胞を標的とする抗体の作成手法はすでに確立され、同センターで作成された抗体を使った肝臓がん治療が早ければ2008年にも登場するという。児玉氏は「将来は、メスの入らない外科的手術も可能になる」と話している。

    ゲノム抗体創薬で医療費負担が軽減−がん治療

     がんに有効な治療法として有望視されている抗体治療に関する国家プロジェクトの進捗状況などを、東京大学システム生物学センター所長の児玉龍彦教授が、3日に開幕した第66回日本癌学会学術総会で発表した。がん細胞を標的とする抗体の作成手法はすでに確立され、同センターで作成された抗体を使った肝臓がん治療が早ければ2008年にも登場するという。児玉氏は「将来は、メスの入らない外科的手術も可能になる」と話している。

    続きを読む...

  • サイエンスアゴラ・MAJESTy企画「都会の森のたぬき〜自然を通して見えた東京〜」の当日(25日)は映像作品だけではなく、 来て頂いた方々にもっと理解を深めてもらえるよう、 講演会も開く予定です。 今回はその講演会について書きます。

    ♪講演者、決定♪−アゴラ「都会の森のたぬき」

    サイエンスアゴラ・MAJESTy企画「都会の森のたぬき〜自然を通して見えた東京〜」の当日(25日)は映像作品だけではなく、 来て頂いた方々にもっと理解を深めてもらえるよう、 講演会も開く予定です。 今回はその講演会について書きます。

    続きを読む...

  • 11月23日〜25日にかけて行われる「サイエンスアゴラ」に向けて、 MAJESTy2期生の学生有志が集まり、企画を立ち上げました。 サイエンスアゴラロゴ 「サイエンスアゴラ2007〜みんなでつなごう 未来のスイッチ〜」 25日の発表に向けて頑張るメンバー達の様子と進行状況を、 広報班WEB担当の山口が日記形式で報告していきたいと思います。

    ♪アゴラ日記、開始♪−「都会の森のたぬき〜自然を通して見えた東京〜」

    11月23日〜25日にかけて行われる「サイエンスアゴラ」に向けて、 MAJESTy2期生の学生有志が集まり、企画を立ち上げました。 サイエンスアゴラロゴ 「サイエンスアゴラ2007〜みんなでつなごう 未来のスイッチ〜」 25日の発表に向けて頑張るメンバー達の様子と進行状況を、 広報班WEB担当の山口が日記形式で報告していきたいと思います。

    続きを読む...

  •  昔から“擬似ドキュメンタリー映画”というジャンルには不思議とそそられる魅力がある。『スナッフ/SNUFF』や『食人族』のような“擬似”というより “似非ドキュメンタリー”と言うべきキワモノから、『スパイナル・タップ』と『ドッグ・ショウ!』で知られるクリストファー・ゲストの名人芸に至るまで、その面白さの秘密は、おそらくはドキュメンタリーというジャンルにすべからくついて回る“作為性”というものに対して、観客側が知らず知らずのうちに自覚的であるが故に、その様式を忠実に再現することの可笑しさの裏に見え隠れする作り手側の鋭い観察眼が一層際立って見える、ということなのだろう。

    映画評『大統領暗殺』

     昔から“擬似ドキュメンタリー映画”というジャンルには不思議とそそられる魅力がある。『スナッフ/SNUFF』や『食人族』のような“擬似”というより “似非ドキュメンタリー”と言うべきキワモノから、『スパイナル・タップ』と『ドッグ・ショウ!』で知られるクリストファー・ゲストの名人芸に至るまで、その面白さの秘密は、おそらくはドキュメンタリーというジャンルにすべからくついて回る“作為性”というものに対して、観客側が知らず知らずのうちに自覚的であるが故に、その様式を忠実に再現することの可笑しさの裏に見え隠れする作り手側の鋭い観察眼が一層際立って見える、ということなのだろう。

    続きを読む...

  •  昨今、マイケル・ムーアほどその新作映画製作の動向に世間の注目が集まり、またその作品が物議を醸し続けている映画作家は他にいないだろう。オスカー長編ドキュメンタリー賞など世界中で賞を総なめにした『ボウリング・フォー・コロンバイン』では、全米ライフル協会のチャールトン・へストン会長への取材手法(相手に味方であると錯覚させてキャメラを回し始め、銃規制賛成派と判って狼狽する様子を撮り続ける)に疑問の声が上がった。『華氏911』ではドキュメンタリー映画としては異例のカンヌ映画祭パルムドールに選ばれたものの、ブッシュ大統領を再選させないことでイラク戦争を終わらせる、という明確な政治的目的を持つ映画である点が論議の的となった。今回の『シッコ』でも、医療保障を受けられない9・11救命員たちを米政府と国交のないキューバに連れて行った一件が政府から問題視され、一時はフィルムの没収を避けるためにカナダに隠したとまで伝えられた。

 本稿では、ムーアの諸作品の特徴とは何なのか、それがドキュメンタリー映画史の中でいかなる位置を占めるのか、いくつかの先例と比較することでその相対的評価を試みたい。

    ドキュメンタリー映画史の中におけるM・ムーア

     昨今、マイケル・ムーアほどその新作映画製作の動向に世間の注目が集まり、またその作品が物議を醸し続けている映画作家は他にいないだろう。オスカー長編ドキュメンタリー賞など世界中で賞を総なめにした『ボウリング・フォー・コロンバイン』では、全米ライフル協会のチャールトン・へストン会長への取材手法(相手に味方であると錯覚させてキャメラを回し始め、銃規制賛成派と判って狼狽する様子を撮り続ける)に疑問の声が上がった。『華氏911』ではドキュメンタリー映画としては異例のカンヌ映画祭パルムドールに選ばれたものの、ブッシュ大統領を再選させないことでイラク戦争を終わらせる、という明確な政治的目的を持つ映画である点が論議の的となった。今回の『シッコ』でも、医療保障を受けられない9・11救命員たちを米政府と国交のないキューバに連れて行った一件が政府から問題視され、一時はフィルムの没収を避けるためにカナダに隠したとまで伝えられた。  本稿では、ムーアの諸作品の特徴とは何なのか、それがドキュメンタリー映画史の中でいかなる位置を占めるのか、いくつかの先例と比較することでその相対的評価を試みたい。

    続きを読む...

  •  早稲田大学・MAJESTyのお送りするサイエンス・ウェブマガジン「Terrier」、第二号です。※第三号までは準備号となります。→第一号のインデックスはこちら

    Vol.2 インデックス

     早稲田大学・MAJESTyのお送りするサイエンス・ウェブマガジン「Terrier」、第二号です。※第三号までは準備号となります。→第一号のインデックスはこちら

    続きを読む...

  •  2006年6月に京都で行われた第20回 国際生化学・分子生物学会議。実に30年ぶりとなる日本における開催には、世界中から最先端の生化学・生命科学者が集まった。この学会の意義、取材した成果を報告する。

    国際生化学・分子生物学会議 取材報告

     2006年6月に京都で行われた第20回 国際生化学・分子生物学会議。実に30年ぶりとなる日本における開催には、世界中から最先端の生化学・生命科学者が集まった。この学会の意義、取材した成果を報告する。

    続きを読む...

  • 株式会社・島津製作所。田中耕一氏のノーベル賞受賞によって一躍有名になったこの企業は、1875年の創業以来、「科学技術で社会に貢献する」ことを社是として掲げてきた特異な企業である。京都の人々にも古くから愛されてきた、その独特の社風とはどんなものだろうか。

    島津製作所の研究風土

    株式会社・島津製作所。田中耕一氏のノーベル賞受賞によって一躍有名になったこの企業は、1875年の創業以来、「科学技術で社会に貢献する」ことを社是として掲げてきた特異な企業である。京都の人々にも古くから愛されてきた、その独特の社風とはどんなものだろうか。

    続きを読む...

  •  日本での開催は39年ぶり2回目となる国際生化学・分子生物学会議(IUBMB)が今年6月、京都で開催された。9000人を超す参加者があり、世界の最先端研究者が集まる大規模な国際会議として盛況さをみせた。生命科学研究の最近の方向性と、今回の会議運営の特徴について、本庶佑・第20回会議会長に聞いた。

    国際生化学・分子生物学会議の意義
    生命科学と学会の新たな方向性

     日本での開催は39年ぶり2回目となる国際生化学・分子生物学会議(IUBMB)が今年6月、京都で開催された。9000人を超す参加者があり、世界の最先端研究者が集まる大規模な国際会議として盛況さをみせた。生命科学研究の最近の方向性と、今回の会議運営の特徴について、本庶佑・第20回会議会長に聞いた。

    続きを読む...