未分類 Archive

  •   「清く正しく美しく」をモットーに活動を続けるアイドルグループ、制服向上委員会(SKi)は、今年で活動開始から22年目を迎える。「可愛く歌って踊り、社会問題を提起していく」と、グループの会長である橋本美香さん(34)は話す。集団的自衛権の行使容認など最近の政治状況についても「政治家だけで強引に決めていくやり方」と疑問を抱いており、今後も、歌を通じて社会にメッセージを伝えていきたいと話した。

    歌で社会へメッセージ アイドルグループ会長が伝えたいこと

      「清く正しく美しく」をモットーに活動を続けるアイドルグループ、制服向上委員会(SKi)は、今年で活動開始から22年目を迎える。「可愛く歌って踊り、社会問題を提起していく」と、グループの会長である橋本美香さん(34)は話す。集団的自衛権の行使容認など最近の政治状況についても「政治家だけで強引に決めていくやり方」と疑問を抱いており、今後も、歌を通じて社会にメッセージを伝えていきたいと話した。

    続きを読む...

  •  日中国交正常化40周年を迎える今年、尖閣・釣魚問題で揺れる日本と中国。近海に位置する台湾も「保釣運動」を進め、三者三様の主張が入り乱れています。また、尖閣・釣魚を­漁場とする沖縄は、複雑な思いを抱えこの問題に直面しています。早稲田大学ジャーナリズム大学院のインターネット放送の受講生たちが、この問題で学生たちの生の声を聞くことを目的に番組「学生が尖閣・釣魚問題を考える」を製作し、ネット中継しました。

    早稲田Jスクール・インターネット放送ー学生が尖閣・釣魚を考えるー

     日中国交正常化40周年を迎える今年、尖閣・釣魚問題で揺れる日本と中国。近海に位置する台湾も「保釣運動」を進め、三者三様の主張が入り乱れています。また、尖閣・釣魚を­漁場とする沖縄は、複雑な思いを抱えこの問題に直面しています。早稲田大学ジャーナリズム大学院のインターネット放送の受講生たちが、この問題で学生たちの生の声を聞くことを目的に番組「学生が尖閣・釣魚問題を考える」を製作し、ネット中継しました。

    続きを読む...

  •  毎年2月に開催される東京マラソン(東京マラソン財団主催)の一般申し込みが8月1日から8月31日まで実施されている。マラソンブームに火を付けたとされる市民マラソンの一つだが、その抽選方法がどのように行われているのか、明らかにされていなかった。早稲田大学ジャーナリズムコース(Jスクール)取材班の記者が、大会主催者である「東京マラソン財団」に対し情報公開請求を行ったところ、抽選方法に関する記録文書などについて一切存在していなかったことがわかった。
=画像は東京マラソン2013のHP

    東京マラソン、抽選方法の記録文書なし・抽選の公平さは不透明

     毎年2月に開催される東京マラソン(東京マラソン財団主催)の一般申し込みが8月1日から8月31日まで実施されている。マラソンブームに火を付けたとされる市民マラソンの一つだが、その抽選方法がどのように行われているのか、明らかにされていなかった。早稲田大学ジャーナリズムコース(Jスクール)取材班の記者が、大会主催者である「東京マラソン財団」に対し情報公開請求を行ったところ、抽選方法に関する記録文書などについて一切存在していなかったことがわかった。 =画像は東京マラソン2013のHP

    続きを読む...

  •  未成熟なまま果実を落とし、商品価値を無くしてしまうプラムポックスウイルス(PPV)に感染したウメが、東京都青梅市で多く見つかっている。市内で2012年度に、1万本あまりが処分される見通しだ。今までに処分した数と合わせると、6万5000本あまりあった青梅市のウメ3分の1が処分される計算になる。3年前に青梅市で初めて感染が確認されて以来、調査を行ってきた結果、地域によっては壊滅的な被害を受ける見通しであることが明らかになった。その地名の由来であり観光資源である青梅市にとっては大きな打撃となっている。
 (写真はプラムポックスウイルスに感染した南高梅の葉。原島さんのウメ畑で)

    プラムポックスウイルスに揺れる「梅の里」

     未成熟なまま果実を落とし、商品価値を無くしてしまうプラムポックスウイルス(PPV)に感染したウメが、東京都青梅市で多く見つかっている。市内で2012年度に、1万本あまりが処分される見通しだ。今までに処分した数と合わせると、6万5000本あまりあった青梅市のウメ3分の1が処分される計算になる。3年前に青梅市で初めて感染が確認されて以来、調査を行ってきた結果、地域によっては壊滅的な被害を受ける見通しであることが明らかになった。その地名の由来であり観光資源である青梅市にとっては大きな打撃となっている。  (写真はプラムポックスウイルスに感染した南高梅の葉。原島さんのウメ畑で)

    続きを読む...

  •  Spork!とは早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース(科学技術ジャーナリスト養成プログラムを含む)のウェブマガジンです。授業で制作された記事やSpork!のためのオリジナル取材記事などを中心に、ジャーナリズムを考え学ぶ私たちの発表の場、それがSporkです。

    Spork!もうすぐStart!

     Spork!とは早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース(科学技術ジャーナリスト養成プログラムを含む)のウェブマガジンです。授業で制作された記事やSpork!のためのオリジナル取材記事などを中心に、ジャーナリズムを考え学ぶ私たちの発表の場、それがSporkです。

    続きを読む...

  •  「肥満のまま糖尿病を改善へ 」※1  2007年10月の新聞 にこんな記事が載った。これまで糖尿病の治療といえば、まず「食事」、「運動」、それでだめなら「薬」と言われてきた。糖尿病の患者には、肥満の改善が第一の治療だった。    
 しかし、新手のダイエット法が次から次へと生まれては消えていく事実がしめすように、ダイエットを成功させることは非常に難しい。それは糖尿病患者にとっても同じこと。こちらは命がかかわっているだけにさらに深刻だ。宴会の席でのお酒も我慢している、お昼も野菜を中心にした軽めのお弁当、でも何だか体に力が入らない、減量も上手くいかない、家族はうるさい、......もう、どうにでもなれ、とやけっぱちになり、「燃え尽き症候群※2 」も併発(?)している糖尿病患者はかなりの数にのぼるらしい。    
 そこに、この福音である。肥満のままでも糖尿病の治療ができる可能性が出てきたのだ。筑波大学大学院の島野仁准教授(内分泌代謝学)らは、肥満になっても脂肪の質を変化させれば糖尿病になりにくいことを、動物実験で突き止めた。

    【3月号】いつまでもデブじゃだめと思うなよ

     「肥満のまま糖尿病を改善へ 」※1  2007年10月の新聞 にこんな記事が載った。これまで糖尿病の治療といえば、まず「食事」、「運動」、それでだめなら「薬」と言われてきた。糖尿病の患者には、肥満の改善が第一の治療だった。      しかし、新手のダイエット法が次から次へと生まれては消えていく事実がしめすように、ダイエットを成功させることは非常に難しい。それは糖尿病患者にとっても同じこと。こちらは命がかかわっているだけにさらに深刻だ。宴会の席でのお酒も我慢している、お昼も野菜を中心にした軽めのお弁当、でも何だか体に力が入らない、減量も上手くいかない、家族はうるさい、......もう、どうにでもなれ、とやけっぱちになり、「燃え尽き症候群※2 」も併発(?)している糖尿病患者はかなりの数にのぼるらしい。      そこに、この福音である。肥満のままでも糖尿病の治療ができる可能性が出てきたのだ。筑波大学大学院の島野仁准教授(内分泌代謝学)らは、肥満になっても脂肪の質を変化させれば糖尿病になりにくいことを、動物実験で突き止めた。

    続きを読む...

  • 原著論文 Autistic-like phenotypes in Cadps2-kcockout mice and aberrant
CADPS2 splicing in autistic patients

 コミュニケーション障害や話し言葉の発達障害などを特徴とする自閉症。この病気は生まれつき脳に異常があるため、根っこから完全に問題を取り除くことはできず、大きな社会問題にもなっている。しかし、日頃の練習次第で、日常生活に支障がない程度にまで回復することが可能である。そして、希望となっているのは、この病気のメカニズムを知るために様々な研究が行われてきており、その過程でいくつかの遺伝子が自閉症の発症に関わっていることが分かったことである。中でも、CADPS2という遺伝子の機能が失われることが自閉症の発症に影響するのではないか、という研究成果が得られている。

    自閉症研究の新たなスタートへ -遺伝子の異常と自閉症の関係が明らかに-

    原著論文 Autistic-like phenotypes in Cadps2-kcockout mice and aberrant CADPS2 splicing in autistic patients  コミュニケーション障害や話し言葉の発達障害などを特徴とする自閉症。この病気は生まれつき脳に異常があるため、根っこから完全に問題を取り除くことはできず、大きな社会問題にもなっている。しかし、日頃の練習次第で、日常生活に支障がない程度にまで回復することが可能である。そして、希望となっているのは、この病気のメカニズムを知るために様々な研究が行われてきており、その過程でいくつかの遺伝子が自閉症の発症に関わっていることが分かったことである。中でも、CADPS2という遺伝子の機能が失われることが自閉症の発症に影響するのではないか、という研究成果が得られている。

    続きを読む...

  •  はじめまして。この春よりMAJESTyで学ぶことになりました、新入生の竹谷知永子です。北九州市にて行われたMAJESTy's BOOT CAMP in 九州に参加しました。このイベントは、一般の方々を対象に、普段MAJESTyで行われている講義をオムニバス形式で行う集中講座です。ブートキャンプの名の通り、脳みそをビシバシ鍛えられた2日間でした。今回は受講生の一人として、MAJESTy's BOOT CAMP in 九州をレポートしたいと思います。

    MAJESTy’s BOOT CAMP体験記

     はじめまして。この春よりMAJESTyで学ぶことになりました、新入生の竹谷知永子です。北九州市にて行われたMAJESTy's BOOT CAMP in 九州に参加しました。このイベントは、一般の方々を対象に、普段MAJESTyで行われている講義をオムニバス形式で行う集中講座です。ブートキャンプの名の通り、脳みそをビシバシ鍛えられた2日間でした。今回は受講生の一人として、MAJESTy's BOOT CAMP in 九州をレポートしたいと思います。

    続きを読む...

  •   休み期間の集中公開講座として実施しているMAJESTy's BOOT CAMPが、この春は北九州市で開催されました。5名のMAJESTy講師陣に加えて、北九州市立大学からのゲスト講義を加えた計6時限分を3月15、 16日の2日間にわったっての勉強となります。受講者の声をもとに、その内容を紹介しましょう。

    北九州で科学技術ジャーナリズムを考えた

      休み期間の集中公開講座として実施しているMAJESTy's BOOT CAMPが、この春は北九州市で開催されました。5名のMAJESTy講師陣に加えて、北九州市立大学からのゲスト講義を加えた計6時限分を3月15、 16日の2日間にわったっての勉強となります。受講者の声をもとに、その内容を紹介しましょう。

    続きを読む...

  • 東京女子医科大学臨床工学科の崎山亮一氏は、胃や肝臓などの内臓や壁側を包んでいる腹膜の細胞を膜状に並べた「細胞シート」を作成し、マウスへ移植することに成功した。この手法を応用すれば、人工透析の一つである腹膜透析の弱点を克服でき、腎不全患者の生活の質を大きく向上させる可能性があるという。10月29日〜30日、大阪で開催された第45回日本人工臓器学術大会で発表された。

    東京女子医大、マウスに「細胞シート」移植成功

    東京女子医科大学臨床工学科の崎山亮一氏は、胃や肝臓などの内臓や壁側を包んでいる腹膜の細胞を膜状に並べた「細胞シート」を作成し、マウスへ移植することに成功した。この手法を応用すれば、人工透析の一つである腹膜透析の弱点を克服でき、腎不全患者の生活の質を大きく向上させる可能性があるという。10月29日〜30日、大阪で開催された第45回日本人工臓器学術大会で発表された。

    続きを読む...